一般歯科|部分矯正・前歯矯正・プチ矯正・審美治療に特化した新大阪・東三国・東淀川駅エリアの歯医者 はしもと歯科クリニック

  • 診療時間 9:00~12:30 / 14:30~19:00

    休診日  木曜・日曜・祝日

    大阪府大阪市淀川区宮原1-16-28

  • WEB予約

一般歯科
GENERALLY

虫歯について

虫歯とは、歯の表面についた歯垢(プラーク)に、虫歯をつくるミュータンス菌やラクトバチラス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出し、歯の表面の硬いエナメル質を溶かされた状態です
一度虫歯になってしまうと自然に完治することはありません。治すには虫歯に浸食された部分を削り取るという方法が一般的ですが、実は歯は一度削って詰め物をすると、歯と歯の間から虫歯が再発する可能性が高く、歯の寿命を縮めることになる場合があります。
そのため、出来るだけ歯を削らずに虫歯を治す考え方の「MI(ミニマルインターベンション)」という治療法を当院では推奨しております。

歯を残すMI(ミニマルインターベンション)の考え方

MIとはミニマルインターベンションの略で、訳すると、最小の侵襲(しんしゅう)と言う意味です。健全な歯をできるだけ削らずに、虫歯の部分だけを治療するということです。
歯というものは、一度歯を削ってなくなってしまったら、もう二度と再生することはありません。どんなに最新の高価なもので歯を作ったとしても、あくまでも人工的なものであって、自分のオリジナルの歯に勝るものはありません。そのためMI治療では、「歯を削る量を可能な限り少なくし、今ある歯を大切にする」という考え方をします。
これまではレジン(白い詰め物)の接着が弱かった為、金属による治療がメインでした。金属による修復では金属を接着維持する為に健全な歯質までも削っていました。近年レジンの接着剤の性能が良くなり、最小限の切削で治療が可能になりました。健全な歯をできるだけく削らずに、虫歯の部分だけを削除して治療するということです。

MI(ミニマルインターベンション)のメリット

  • 1.歯を削る量が少なく、自分の歯を守ることができる。
  • 2.神経を出来る限り残すので歯の寿命が延びる。
  • 3.治療中の痛みが最小限に抑えられます。
  • 4.治療を短期間で終わらせることができる場合があります。
  • 5.患者さんの精神的、肉体的な負担やストレスが少なくて済みます。

3Mix-mp法

3MIX-MP法は、抗菌剤(薬)を使って虫歯の病巣を無菌状態にするという治療法で、麻酔注射を行いません。有病者、高齢者、子供にも優しい歯科治療です。
3種類の抗生物質と抗菌剤を混ぜたものを虫歯に詰めることで、汚染された部分を無菌化していきます。
治療過程での歯を削る量が少なくて済み、歯の神経を残せる可能性が高まり、治療の痛みも、歯を失うリスクも抑えられるというものです。
ただし、すべての虫歯に有効というわけではありません。そのため、当院ではしっかりと検査を行い、適応可能かどうか判断しますのでご安心ください。
また抗生物質を使用するので、アレルギーをお持ちの方もあらかじめお伝えください。

その他の治療

スポーツ用マウスピース

口腔内を保護し、歯をケガから保護したり、唇や頬や舌を噛んでしまうことを予防したり、脳震盪などを予防するためのマウスピースです。ケガへの不安を和らげ、しっかり噛み締めることで、パフォーマンスの向上にもつながります。

フッ素塗布

虫歯予防に効果があるフッ素の塗布を実施しています。

ページトップへ戻る