注目の部分矯正!治療が出来る人・出来ない人を徹底解説|部分矯正・前歯矯正・プチ矯正・審美治療に特化した新大阪・東三国・東淀川駅エリアの歯医者 はしもと歯科クリニック

  • 診療時間 9:00~12:30 / 14:30~19:00

    休診日  木曜・日曜・祝日

    大阪府大阪市淀川区宮原1-16-28

  • WEB予約

注目の部分矯正!治療が出来る人・出来ない人を徹底解説

注目の部分矯正!治療が出来る人・出来ない人を徹底解説

矯正に興味はあるけれど、時間とお金がかかるから、なかなか一歩を踏み出せない。

そのような方におすすめなのが「部分矯正」です。

部分矯正は、見た目が気になる箇所を一部分だけ整えていく治療法なので、短期間かつコスト面にも優れています。ただ、残念ながら誰もが治療に進めるわけではありません。
今回は部分矯正に向いている人・向いていない人の違いをわかりやすく解説します。

 

■部分矯正の目的

部分矯正は、その名の通り、全体的に歯を動かすのではなく、一部分のみを動かす事を目的とした治療法です。「MTM」(Minor Tooth Movement)や「小矯正」とも呼ばれています。

全体の矯正期間は数年以上と長くかかりますが、部分矯正は3か月~1年くらいの短期間で歯を動かすことができて、痛みも最小限。

特に効果を発揮するのは、外から見ると一番目立つ前歯の矯正です。人の印象は歯並びで大きく変わりますが、その中でも前歯を整えると、見違えるように笑顔が魅力的になり自分に自信が持てるようになり現在人気が高まっています。

「料金や治療期間が負担となって矯正治療に踏み出せない」「子供の頃に矯正をしたけれど、一部分だけ後戻りしてしまった」そんな方にピッタリです。

■部分矯正に向いている人とは?

部分矯正は、その名の通り、全体的に歯を動かすのではなく、一部分のみを動かす事を目的とした治療法です。「MTM」(Minor Tooth Movement)や「小矯正」とも呼ばれています。

全体の矯正期間は数年以上と長くかかりますが、部分矯正は3か月~1年くらいの短期間で歯を動かすことができて、痛みも最小限。

特に効果を発揮するのは、外から見ると一番目立つ前歯の矯正です。人の印象は歯並びで大きく変わりますが、その中でも前歯を整えると、見違えるように笑顔が魅力的にな自分に自信が持てるようになり現在人気が高まっています。

「料金や治療期間が負担となって矯正治療に踏み出せない」「子供の頃に矯正をしたけれど、一部分だけ後戻りしてしまった」そんな方にピッタリです。

  • 当院の部分矯正はこのような方のお悩みに対応しています
  • 出来るだけコストを抑えて見た目を良くしたい
  • 痛みを少なく矯正治療を終えたい
  • 歯並びを少しだけ動かしたい
  • 結婚などのイベントまでに短時間で治療を終えたい
  • 見た目が気になるので矯正装置を長期間装着したくない

 

■主な部分矯正の適応例

  • 症状の軽い「反対咬合」(受け口、しゃくれ)
  • 前歯がガタガタ・凸凹しているような「叢生」
  • 犬歯が少しだけ突出している「八重歯」
  • 軽度の「出っ歯」
  • 前歯に隙間がある「すきっ歯」
  • 歯のねじれがある

■当院が強みとしている治療例

当院が特に部分矯正をオススメする症例が、口を閉じた際、顎にしわがよるレベルで出っ歯になっている方です。(しわの状態から、いわゆる「梅干し」と呼ばれます)
このようなケースは治療がスムーズに進むことが多く、当院での症例数も豊富にあります。

また、歯が折れてしまってそのままでは歯が作れない抜歯になってしまうのを歯が出て来る方向へ移動を促す「挺出」や奥歯の咬み合わせ(すれ違い咬合)矯正などにも対応しているため、前歯以外の部分矯正のお悩みも是非ご相談ください。

■部分矯正に向いていない人

メリットがたくさんある部分矯正ですが、どのような方でも適応できるわけではありません。対応出来る症状には条件があるのでご注意ください。

まず、デメリットとしては、対象となる歯を一部分だけ動かすため、どうしても全体矯正に比べると仕上がりが劣ることがあります。また、治療が終わってからも後戻りの可能性があるので、歯を動かした後にしっかりとメインテナンスをする意識を持つことも重要です。装置を外した直後は歯が動きやすくなっており、保定装置の装着は最初は24時間、3か月後からは夜間は装着していたほうが綺麗な歯並びがたもてます。

 

部分矯正の一番のネックは、適応症例が少ないことです。矯正治療は、基本的に一部分を動かすと他の部分にも影響を与えてしまいます。
そのため、歯のダメージを考えると以下のような症例には部分矯正ができない場合があります。

  • 対応出来ない主な症例
  • 八重歯が突出している
  • 前歯の重なりが重度の状態である
  • 骨格の問題で部分矯正が難しい
  • 重度の叢生で全体を診なければ治療ができない
  • 奥歯の咬み合わせに問題がある

上記の様な症例でも矯正用ミニインプラントやリンガルアーチを用いてより幅広く治療ができる場合があります。

まとめ

メリット・デメリットがはっきりとわかる部分矯正。しかし、条件さえクリアすれば多くのお悩みを解決してくれる鍵になります。

「就活や転職活動のために自分磨きをしたい」「より魅力的な笑顔を手に入れたい」「一部分だけ歯を動かしたい」そんな方に当院では、表に装着しても目立たないブラケット、透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン)や裏側矯正装置など様々なタイプの治療法をご用意しました。

もちろん部分矯正で対応できない場合は、きちんと全顎矯正の治療案内やアドバイスを行います。現状のリスクと治療計画を患者さんと丁寧に共有してから治療に進みますのでご安心ください。

ページトップへ戻る