上の奥歯の噛み合わせが悪い 下の前歯の歯並びがガタガタ No24|部分矯正・前歯矯正・プチ矯正・インビザライン・舌側矯正に特化した新大阪・東三国・東淀川駅エリアの矯正歯科医院 はしもと歯科クリニック

  • 診療時間 9:00~12:00 / 15:00~18:00

    休診日  木曜・日曜・祝日

    大阪府大阪市淀川区宮原1-16-28

  • WEB予約
    0663505858

上の奥歯の噛み合わせが悪い 下の前歯の歯並びがガタガタ No24

カテゴリー:

上の奥歯の噛み合わせが悪い 下の前歯の歯並びがガタガタ No24

Before

After

Before

After

症状上下顎叢生
治療方法インビザライン矯正
治療期間15か月
費用831,000円

上の奥歯の噛み合わせが悪い、下の前歯の歯並びがガタガタ、前歯の上下嚙み合わせが切端になっているのが気になるとのことで来院されました。

今回の治療方法はワイヤー矯正ではなくマウスピース(アライナー)での治療を希望されました。

左上の前歯は犬歯がなく乳歯になっていました。乳歯は歯根が短く矯正の移動に耐えられないので今回この歯は積極的に移動させることはしませんでした。

右上の奥歯が内側に入っているのを並べる為奥歯を徐々に後方に移動させ歯列内に綺麗に納めました。

下の歯わ嚙み合わせを作るために左側の犬歯の後ろの歯を抜歯を行いました。

今回の治療方法でインビザラインを用いました。インビザラインの1枚での歯を移動できる量は0.25mmなので抜歯などの治療で歯を動かす距離が大きい場合ですと治療に必要な枚数がかなり多くなります。

アライナーの交換頻度は通常2週間に1枚。それだとかなりの日にちが必要となります。単純に治療期間を短くする為にこの交換頻度を1週間にしてしまうとアライナーの移動に歯の移動が追い付かず、誤差が出てしまいアライナーを装着した際、歯にピタッとはまらなくなってしまうという事が起きてしまいます。するとアライナーの作り直しが必要となり、アライナーの再作製をしている間、治療が進まなくなります。当医院ではこのようなことが起こらないように光加速装置(PBM healing )LEDマウスピースをご自宅で使用していただき1週間に1枚の交換頻度で治療を進めています。このようにコンスタントにアライナーを交換することで歯の移動もテンポよく動きます。また、同じマウスピースを長期間装着しないので衛生面でも安心できます。

今回のアライナーの枚数は53枚で治療期間は15ヶ月でした、光加速装置(PBM healing )使用1日20時間のアライナー装着が必要となりますが綺麗に仕上がりました。

はしもと歯科クリニック

〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原1-16-28
パルムハウス新大阪103
TEL : 予約専用 090-9983-5858
診療時間
9:00~12:00 / 15:00~18:00
休診日
木曜日・日曜日・ 祝日

 

 

ページトップへ戻る