よくあるご相談 上の左の前歯と八重歯に挟まれた歯が後ろにひっこんでいるのが気になっています|部分矯正・前歯矯正・プチ矯正・審美治療に特化した新大阪・東三国・東淀川駅エリアの歯医者 はしもと歯科クリニック

  • 診療時間 9:00~12:30 / 14:30~19:00

    休診日  木曜・日曜・祝日

    大阪府大阪市淀川区宮原1-16-28

  • WEB予約

よくあるご相談
QUESTION

歯並びで、上の左の前歯と八重歯に挟まれた歯が後ろにひっこんでいるのが気になっています。矯正をした場合の費用と、部分矯正が可能かどうか教えて下さい。

お口の状態を診ていないので断定はできませんが、通常前歯だけの部分矯正ですと歯と歯の間を少し削り、前歯が前にできるだけ出ないようにスペースを作って並べていきます。
これはあくまでも一例ですので、お口の状態を診てみないと判りません。

全体の矯正の場合、65万円と消費税、一回の調整料3,000円、また部分矯正ですと、今回の場合歯の間を削るとしますすと20万円と消費税一回の調整料3,000円がかかると思います

「ここだけ直したい!」という気持ちになるのはよく分かります。
また、「部分矯正は可能でしょうか?」というお問い合わせを殆ど毎日のように頂きます。

しかし、殆どのケースで部分矯正はあまりお勧めしかねるのが現実です。
また、多くの矯正医(私以外の矯正医も含めて)あまり推奨はしないでしょう。

部分的な治療は、「その部分」だけに問題があり、その部分を治療すれば問題が解決出来る場合に限って適用することが出来ます。
左の前歯「だけ」動かそうと思っても、スペースが足りないので出すことが出来ません。

仕方がないので、前歯全体を少し前方に動かして、スペースを作るとしましょう。
そうすれば全体的に「出っ歯」になってしまいます。

これはある一つの問題を解決する為に、別の問題が発生していることになります。
それにこういう状況は後戻りが起こりやすく、戻ってしまえば治療の意味は失われてしまいます。

良い歯並びは沢山の歯が綺麗に並んで、キチンと機能し初めて成立します。
ですので、例えば半分だけの治療なら費用や期間も半分にできる訳ではありません。

部分的な治療は、得られるメリットよりもデメリットの方が多くなることが殆どであるということです。

ページトップへ戻る