よくあるご相談 出っ歯を矯正したいと思っていますが、矯正方法で悩んでいます|大阪市の歯医者 はしもと歯科クリニック

  • 診療時間 9:00~12:30 / 14:30~19:00

    休診日  木曜・日曜・祝日

    大阪府大阪市淀川区宮原1-16-28

  • WEB予約

よくあるご相談
QUESTION

出っ歯を矯正したいと思っていますが、矯正方法で悩んでいます。できるなら目立ちにくい白い装置でしようと思っていますがワイヤーが気になります。白いワイヤーはシルバーのワイヤーと外見的違い以外に異なる点はありますか?また、なるべく早く終わらせたいので、コルチコトミー法という外科治療に興味があるのですがデメリットはありますか?また、親不知が頬に向かって生えてきていますが、出っ歯の矯正と同時にそちらも矯正できるのでしょうか。

矯正の装置はセラミックや複合材料の発達により「白く目立たない装置」が主流となっています。
金属ブラッケットに比べ、現在は治療期間もさほど変わらなくなりました。
ですがワイヤーは現在でもシルバーの物が主流です。
ワイヤーの色が気になる所のようですが治療期間の全てに白いワイヤーを用いるのはあまりお勧めできません。
白いワイヤーはシルバーのワイヤーにフッ素樹脂などをコーティングしたものと、材質そのものがグラスファイバーなどの元々透明な材料で出来たものがあります、歯に付ける側の装置との間の摩擦が大きいため期間が長引くことがあります。
結婚式など一時的に目立たなくするためであればいいのですが、すべての期間に使用するのはお勧めいたしません。
もし、目立たない治療がご希望でしたら、歯の裏側の装置を用いる方法もあります。
それからコルチコトミーについてですが、歯科の処置としては大きな規模の手術を行う割には短縮出来る期間はそれほど大きくはなく、それこそ歯茎に対するダメージ等のデメリットを考慮すると、矯正インプラントの併用の方が期間の短縮や手術規模の小ささからメリットが大きいと思います。
矯正医によって見解が異なりますので、実際の担当医とよく相談してください。
また、最終的な噛み合わせの仕上がりについてですが、専門医の治療であれば、下の前歯が見えない状態で治療を終了することはありません。
あと親知らずについてですが、時間を掛けて矯正するより抜歯した方が噛み合わせやブラッシングができて虫歯予防の点で、抜歯の対象となることが多いです。

ページトップへ戻る