よくあるご相談 歯の噛み締めが原因で歯の横が磨り減っており、対策はあるのでしょうか?また、噛み締めることで他になにか起こり得ることはありますか?

  • 診療時間 9:00~12:30 / 14:30~19:00

    休診日  木曜・日曜・祝日

    大阪府大阪市淀川区宮原1-16-28

  • WEB予約

よくあるご相談
QUESTION

歯がしみるので歯科医院に行くと、歯の噛み締めが原因で歯の横が磨り減っているためと言われました。対策はあるのでしょうか?また、噛み締めることで他になにか起こり得ることはありますか?

噛み締めやくいしばりのある人は、顎関節症になりやすい危険性があります。

顎関節症とは、あごの関節(顎関節)周辺に何らかの異常がある、例えば口が開けづらい、あごが痛い、あごが鳴るなどが症状で、原因はいくつかあり状態も異なりますが、まとめて顎関節症といいます。

無意のくいしばりや歯ぎしりが原因とされています。

またうつぶせ寝や、横向きに寝る習癖があるのも要注意です。

そのような人は、咬み合わせがずれた状態で関節に力が加わるので、関節円板と呼ばれる軟骨でできたクッションが変形、磨り減り等により口を開ける時ずれてしまってカクカク、ザラザラ音が鳴るようになります。

音が鳴る程度の軽症のものは、放置しても問題は無いですが、口が開きにくい痛みがある、などの症状がある人は治療が必要となります。

マウスピースを夜間にはめて顎関節の安定を行います。

症状が出てから来院までの期間が短い人ほど早く治り予後が良いとされています。

ページトップへ戻る