よくあるご相談 右側の歯の噛み合わせが悪く、口を閉じると上と下のかみ合わせが反対になってしまいます。 透明なマウスピースで交叉咬合を治療できますか?

  • 診療時間 9:00~12:30 / 14:30~19:00

    休診日  木曜・日曜・祝日

    大阪府大阪市淀川区宮原1-16-28

  • WEB予約

よくあるご相談
QUESTION

私の歯並びを調べてみると、交叉咬合という事が判かりました。 症状は、右側の歯の噛み合わせが悪く、口を閉じると上と下のかみ合わせが反対になってしまいます。 透明なマウスピースで交叉咬合を治療することはできないのでしょうか?またマウスピース以外だとどんな矯正器具になるのか教えてください。

透明なスマウスピース(インビザライン アクアアライナー)といった取り外しの出来る透明な装置は、固定式の矯正装置に抵抗がある患者様にとっては、とても魅力的なものと思います。

確かに素晴らしい点も多々ありますが、同時に矯正装置、即ち歯を動かす物として限界や制限があります。

典型的なものが叢生と呼ばれる歯がガタガタになっているいる状態で、抜歯が必要なケースにはマウスピース単独では不向きです。

歯並びが交叉咬合との事ですが、スマウスピースで治療の適応かは、実際にお口の中を拝見して診てみないとわかりません。

また、交叉咬合の場合、マウスピース単独での治療ではなく、他の補助装置を併用した方が効果が上がる場合もあります。(補助装置も外から見えないのも可能です)

また、マウスピースでの治療に無理がある場合、歯の表面に貼り付ける装置での治療となりますが、これも裏側に付ける装置を用いれば目立たない治療は可能だと思います。

ページトップへ戻る