よくあるご相談 顎関節症と診断されました。「親不知を抜くと治った」と言う友人がいますが、本当にそれで治ることはあるのでしょうか?

  • 診療時間 9:00~12:30 / 14:30~19:00

    休診日  木曜・日曜・祝日

    大阪府大阪市淀川区宮原1-16-28

  • WEB予約

よくあるご相談
QUESTION

顎が痛いので近隣の歯科医院で顎関節症と診断されました。「親不知を抜くと治った」と言う友人がいますが、本当にそれで治ることはあるのでしょうか?

親不知は10代後半から、20歳代で、上顎第三大臼歯(親知らず)が生えてきます。

上の親知らずは頬っぺた側に向いて生てくる場合が多く、そのために食事や口を開けた時に、反射的に異常顎運動が生じ、顎関節痛を引き起こしている事もあります。

これが原因の場合は、上の親知らずを抜歯することで症状は改善することもあります。

また、あごを横に動かした時に親知らずが他の歯に当たった時も、顎関節痛を引き起こす事があります。

顎関節症の原因の一部に過ぎませんので、かかりつけの先生の診察を受けられて、ご相談されることをお勧めいたします。

ページトップへ戻る